男性用育毛アイテムのロングセラーを多数輩出し
一時代を築いた「BOSTON」が、満を持して送り出す男性用育毛剤が
「BOSTON scalp essence(ボストン・スカルプ・エッセンス)」です。



「BOSTON scalp essence」は、「育毛剤」でありますが
「頭皮環境」の改善もいよって「発毛」を促進する貴重な成分を含んだ
「他のアイテムにはない成分」を含んだアイテムでもあります。

一般的にはあまり知られていないアイテムでもあり
利用者が着実に増えている、”これから有望と考えられる”アイテムになります。

「BOSTON scalp essence」の公式サイトはこちら

希少な育毛成分を豪華に配合

「BOSTON scalp essence」の特徴は、厳選された4つの有効成分によって
”効率的に”脱毛を防ぎ、発毛・育毛を促進することです。

※画像は「BOSTON scalp essence」公式サイトより

配合されている有効成分は、どれも高品質なものであることはもちろんですが

その中でも、特に

  • キャピキシル
  • ピディオキシジル

という成分に注目して欲しいと思います。

安全でより効果的なアプローチ

これらの成分は、有名な発毛・育毛成分「ミノキシジル」に比べ
効果で劣らず、また安全面で勝っており
試すのであれば、断然上記の2つの成分ということになります。

特に「副作用」がないことが、最も大きなポイントであり
強力な「発毛・育毛成分」の、デメリットを克服した理想のアイテムと言えます。

「キャピキシル」と「ピディオキシジル」の両方を配合している育毛剤は
今のところ、日本では「BOSTON scalp essence」だけです。

分かりやすく説明すると、

「本来であれば、副作用がある強力な育毛剤と同じ効果を
副作用を受けることなく、実感することができるアイテム」

ということになります。

<継続>して嬉しい結果を実感して欲しい

「BOSTON scalp essence」の販売は「お試しセット」がなく
最初から、安くはない価格帯での購入になりますが

  • 単発1本購入
  • 単発3本まとめ購入

更に

  • 単品定期を最低3回
  • 3本セット定期を最低3回

と、パターンを多く用意しており

出来るだけ継続して利用してもらいやすいよう
購入数が多くなる程、割引率を引き上げています。

更に「45日間返品保障」という、比較的長めの設定もしており
じっくりと効果を試して欲しい、メーカーの考えが伝わってきます。

「BOSTON scalp essence」の公式販売サイトへ

「男の薄毛」を招く要素

まず大前提として、「薄毛(抜け毛)」の症状というのは
加齢に伴う生理現象でもあり、基本的には避けることができません。

特に薄毛に関しては、その要因となるものが幅広いことでも知られています。

男性型の脱毛症は「AGA」と呼ばれ、成人の5人に1人が悩んでいると言われており
また年齢が上がるとともに、悩んでいる人の割合は上がっていきます。

男性型脱毛症の特徴としては、進行性(常に抜け続ける)ことであり
つまり、そのまま放っておくと時間と共に薄くなり続けるということです。

男性型脱毛症の特徴としては・・・

生え際から抜けていき、いわゆる「M字ハゲ」になってから
段々と全体的に薄くなっていくことが挙げられます。

男性型脱毛症の原因として考えられているものを紹介していきます。

頭皮環境の悪化による薄毛

「頭皮環境」は後天的な要因である部分も多く、
それだけに、一番対策がしやすい要因でもあります。

目に見えて改善することができる部分のため、
まずはこの頭皮環境から改善していくことをおススメします。

「頭」という部分は、人間の体のパーツの中でも一番体毛が密集している特殊な部分です。

それだけに、肌の表面(頭皮)の環境が体毛に与える影響の結果を見ることができます。

また、髪の毛が生えるが故に起こる頭皮トラブルもあり
毛髪の質と頭皮環境のどちらかが駄目でも、健全な頭皮環境を築くことはできません。

抜け毛につながる悪い頭皮環境は2種類あり
どちらも、保湿という面で極端になっているケースです。

乾燥している(ひこう性)頭皮

適量の皮脂は、皮膚を守る役割を果たします。

この皮脂が極端に足りなくなることで、乾燥肌(敏感肌)と同じ状態になるため
フケが出やすく、髪の毛にまとわり付いて不潔な状態になります。

また傷つきやすく、常にヒリヒリした状態になっており
肌の表面の炎症が起こりやすくなります。

脂ぎっている(脂漏性)頭皮

皮脂が極端に多い状態は、乾燥している状態よりも薄毛のリスク要因は多いです。

まず皮脂が毛穴を塞ぐことによって、頭髪の成長を遅らせ
皮脂が頭髪にまとわり付くため不潔な状態になりやい傾向があります。

不快な臭いが発生することも特徴であり、肌の疾患も起こりやすくなるため
放っておくと発毛環境・育毛環境共に悪化し続けていく原因になります。

食生活の質による薄毛

食生活も今すぐに改善することができ、比較的早く結果が出てくるものであるため
しっかりと知識を学び、スグに改善していきましょう。

常識として、食生活の乱れは体のあらゆる部分に不調をきたしますが
髪の毛は、栄養状態のバロメーターしても状態を表しています。

また「太っている人」は薄毛になりやすい傾向があります。

皮脂や汗の分泌が活発になるため、
毛穴を塞いでしまう要素や、頭皮環境を悪化させる要素が増えるためです。

そして、太っている人が好きなメニューには
薄毛が進行しやすくなる要素が沢山詰まっています。

また、逆に極端に痩せている人も髪の毛が減りやすくなり
こちらは元気な髪の毛を発毛・育毛するための栄養素が不足するためです。

髪に悪い食材の食べ過ぎ

まず、「髪にとってよくないもの」を過剰に摂取していることで
薄毛につがってしまってしまっているケースを紹介します。

脂質

「脂質」は皮脂の分泌に大きな影響を与え、
特に質の悪い脂質は質の悪い皮脂の分泌につながります。

特に、ジャンクフードが引き合いに出されることが多いですが
参加しやすい悪質な脂質が最も大きな薄毛の要因と考えられています。

(質の悪い)たんぱく質

意外にも体のパーツを構成する、「たんぱく質」が薄毛につながることもあります。

というのも、

脂分の多い肉などは、脂肪と同時に動物性たんぱく質も摂取してしまうため
血の流れを悪くしてしまうことにもつながるのです。

必然的に頭皮の血行を悪化させる要因になります。

糖質

糖質は、「アンドロゲン」という男性ホルモンの分泌を促すため
摂取し過ぎると薄毛のリスクを高めることになります。

アルコール

アルコールの摂取は肝臓に負担がかかることで、代謝機能が低下することに加え
アルコールの分解の際に発生する「アセトアルデヒド」は、
薄毛の大きな要因になる、ジヒドロテストステロンを増加させる働きもあります。

発毛・育毛に必要な栄養素の不足

次に「髪に必要な栄養素」が足りないことで、薄毛を招いているケースです。

ミネラル

特に一人暮らしの男性に多い傾向ですが、野菜を食べていない人が多いです。

野菜や海草に含まれる、「ミネラル」や「ヨウ素」も必要な栄養素になります。

これらが不足することによって、発毛・育毛が妨げられている可能性も考えられます。

また頭皮環境とは「血流」も含んでいる要素であり、血液の質の改善も必要なものになります。

遺伝による薄毛

遺伝的な要因は、努力や各種アイテムで解決することは難しく
それ以外の要因を解決してカバーしていくことが多くなります。

しかしその仕組みは、頭皮環境の要因や
ホルモン環境につながるものであり、知っておいて損はありません。

「ハゲは遺伝する」という格言は、誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

そして、自分の髪の毛が気になる出した際には
まず、お父さんとおじいさんの顔が思い浮かぶと思います。

結論を述べると、ハゲは遺伝します。

しかし、薄毛の要因別に見ると遺伝するものと遺伝しないものがあります。

”避けられないもの”は正しい対策が必要

まず、実際に薄毛というのはは遺伝しやすいものですが
その遺伝を受け継いでいるのか・いないのかでも結果は違います。

父親と父親の父親(祖父)がハゲているからといって、子供が禿げる訳ではありません。

しかしながら、母親の母親だけが薄毛の場合でも薄毛になることはあります。

むしろ、母方の影響を大きく受けやすいという研究結果もあります。

頭髪が抜けやすい・薄毛なりやすくなる原因はたくさんありますが

その中でも、遺伝っとして受け継がれやすい要因として

  • 男性ホルモンの分泌量
  • ストレスのを受けた際の反応

以上の2つが上げられます。

男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が多い人が
「ハゲやすい」ということや、そのテストステロンが変化することによって

髪の成長がストップするという仕組みは変わりません。

一方、悪玉化したテストステロン(ジヒドロテストステロン(DHT))と結びつく
受容体(レセプター)の量や、反応度も遺伝することが分かっています。

また、それらの動きにはストレスの影響も大きく関わっており
禿げる仕組みを加速させやすくなります。

ストレスによる抜け毛も無視できない

薄毛の要因として、「ストレス」も非常に大きな役割を果たします。

「ストレスによる薄毛」と聞くと、「円形脱毛症」という言葉を
イメージする方も多いと思いますが、実際にストレスは1つの要因となります。

円形脱毛症は「自己免疫性疾患」の反応の1つであり、自律神経の乱れが関わっていますが
その自律神経を乱す要因として、ストレスが大きな役割を果たしています。

円形脱毛症は、基本的には「若い女性」に多い症状になりますが
男性がならないという訳ではなく、男性の場合はむしろ
年齢があがるにつれてリスクが増加していくことも考えられます。

加齢によってリスクは上昇していく

男性特有の薄毛の症状として、

  • こめかみからの生え際の後退
  • 頭頂部から全体への拡大

以上の2つがあります。

その中でも、後者のいわゆる「カッパ禿げ」に関しては
円形脱毛症の、1つの形ではないかとも考えられており
特に抜けやすい「つむじ」という場所から、始まる症状とも考えられます。

この症状は若年層でも出ることがあり、また女性であっても見られる場合もあります。

しかし、やはり「中年男性」に最も多く見られる症状であり
ストレスを感じやすい環境に、身をおいているということも理由の1つです。

薄毛に悩み始める年齢というのは、同時に会社でもある程度の重要なポジションを与えられ
「人間関係」や「責任」といった、新たなストレスが生まれやすい環境でもあります。

そういったことから、ストレスによって薄毛の症状が始まる・加速するとも言え
年をとるにつれて、若年層から中年層へストレスの危険性は移っていきます。

「BOSTON scalp essence」で効果的な薄毛対策を始める