「湯シャン」と言う言葉は、薄毛に関わる話題の中で度々現れる言葉です。

ご存じの方も多いことかと思いますが、
湯シャンとは、「シャンプーを使わない洗髪方法」であり
要は、「お湯だけで髪を洗う」ということになります。

そしてこの湯シャンは、ある意味で「秘訣」として知られています。

あらゆる洗浄成分を含まないことで、肌がダメージを受けるリスクがないこと
また洗浄成分が毛穴に詰まりや、洗浄成分の洗い残しといった
薄毛につながる、慢性的な炎症リスクも少ないためです。

しかしながら、一般的には「不安」を持っている人の方も多いようです。

そもそも洗髪の目的とは、「髪・頭皮を清潔に保つ」ということであり
その洗浄をサポートする「シャンプー」を使わない、ということは
「臭い」や「かゆみ」の素となる、「皮脂」の洗浄に不安が残るはずです。

  • ちゃんと、汚れを落とせるのか?
  • 「脂肌」による脂漏性脱毛を招くのでは?

と、不安に思う方も多いと思います。

適度に実践すれば有意義なもの

「今後、シャンプーは使わない!」という人もいるほどに
湯シャンというのは意外にもファンが多く、有名人にも公言している人もいます。

全体的に見れば「ハゲと湯シャン」というのは、それほど関係のないものと言えます。

大切なことは、シャンプーを使う・使わないでなく
使う・使わないに関わらず、正しい洗髪ができているか・できていないかが問題なのです。

つまり「清潔さを保つ」ことができれば、本来はどちらでも問題がないと言えます。

しかしながら、

これは「普通の人」の話であり、抜け毛・薄毛に悩む人にとっては
湯シャンの持つメリットとデメリットが、より大きくなってしまう可能性があります。

結論としては、薄毛の懸念を抱えた人にとってが、
「育毛シャンプー」×「湯シャン」をうまく組み合わせることが
1つの非常に有効アプローチとなる可能性があります。

湯シャンが頭皮に与える影響

洗髪による働きかけというのは、基本的に「頭皮」に対するものであり
やはり皮脂の洗浄が十分にできるか、不足しているか・過剰なのかによって
脱毛・薄毛の促進につながってしまうことになります。

特に皮脂の分泌が多い人というのは、毛穴の詰まり・化膿といった
もそものリスクが高いものであり、より入念な洗浄が必要です。

一方で、「洗い過ぎによる皮脂の不足」によって
かえって皮脂の分泌を招く現象は、稀に見られるものであり
過剰な皮脂に悩んでいる人は、この洗い過ぎの可能性も考えられます。

  • 不十分な洗浄
  • 過剰な洗浄

そのどちらのリスクを避けるためには、
シャンプーによる洗浄と、湯シャンを交互に行うことが効果的と言えるのです。